松本園製茶工場

国分寺で栽培したこだわりのお茶をお届けします|松本園製茶工場

商品一覧
緑茶
玄米茶
ほうじ茶
ギフトセット
かごを見る
コンテンツ
HOME
店舗紹介
国分寺茶って?
お茶のあれこれ
お買物方法
ご利用可能決済
代金引換・郵便振替・銀行振込
クレジット決済
コンビニ決済
販売元 松本製茶工場
〒185-0002 東京都国分寺市東戸倉1-6-3
TEL:042-321-1668 FAX:042-321-8548
ブログ

 

日本茶 通販人気ランキング

 


お茶のあれこれ
 
お客様から寄せられた質問の中で、よく見受けられる質問に答えていきます。
この他にも質問があるようでしたら、お問い合わせください。
 
お問い合わせはこちら
 
 
 
 
Q.おいしい国分寺茶の飲み方はありますか?
 
A.基本的にはご自分に合ったお湯の量、温度で召し上がって頂ければと思います。

一般的な目安としては以下のようになります。


【煎茶の場合】
1・茶碗にお湯を8分目程入れて冷ましてください。(上茶で70℃、並で90℃)一人分の湯量は上茶で60ml、並で90mlです。
2・お茶の葉を急須に入れます。量の目安とは、5人分で大さじ2杯分程度です。
3・湯冷まししたお湯を急須につぎ、60秒位(深むし茶は30秒)お茶が浸出するのを待ちます。
4・お茶をつぐ分量は均等に、濃淡のないように廻しつぎ、最後の一滴にまでお茶を絞りきります。おいしく味わえる温度は50℃~65℃位なので、それも目安にしてください。

※二煎目(二回目)はお湯を入れてから10秒くらい待ちます。


【番茶(ほうじ茶・玄米茶)】
1・お茶の葉を急須に入れます。量の目安は5人分で大さじ2、3杯分になります。
2・お湯を急須に入れ、お茶が浸出するのを待ちます。一人分の湯量はだいたい130mlです。
3・お茶をつぐ分量は均等に廻しつぎし、お茶はしぼりきりましょう。おいしく味わえる温度は75℃くらいなので、それも目安にしてください。

※二煎目(二回目)は一煎目(一回目)より熱めのお湯を急須につぎ、一呼吸しつぎ分けてください。
※二煎目(二回目)以降は、茶葉を取り替えることをおすすめします。

また、国分寺茶は甘さのあるお茶ですので、これらに加え、お湯を少なめに入れて頂くことによって、こくが出て、お茶本来の味をより楽しんで頂けます。
 
 
 
Q.良い保存方法はありますか?
 
A.保存する際の注意事項は以下になります。

・直射日光の当たらない涼しい所に置いてください
・お茶にとって湿気は大敵です。茶筒などの気密性の高い容器に入れて新鮮なうちに飲み終わるように心がけましょう。
・冷蔵庫に保存する際は、他の臭いが付き安くなりますので、茶筒をテープ、袋などで密封して保存してください。
・大量のお茶を手に入れた時は缶を小出しにし、なるべく早く使うようにしましょう。